干渉SAR成果

干渉SARの成果を閲覧(ダウンロード)することができます。

干渉SARの技術を用いると、地震や火山活動に伴う地面の動きや地盤沈下の量を推定することができます。そのため、国土地理院では、地面の動きを把握するため、定常的にSAR干渉解析をしています。例えば、平成28年(2016年)熊本地震では、2016/3/7 - 2016/4/18 及び2015/02/10 - 2016/04/19の干渉画像を組み合わせて地震に伴う変動を推定しました。その結果、布田川断層帯の北側で最大1m以上の沈降と東向きの変動、南側で最大30cm以上の隆起と50cm以上の西向きの変動を把握しました。

カテゴリー: 
興味・関心・利用目的: 
学問分野: 
有償フラグ: 
無償
更新の有無: 
更新有り