現在地

明治期の低湿地データ

明治13年~44年に作成された地図から、当時の低湿地の分布を抽出したものです。

液状化などの地震防災対策に役立てるため、 明治13年~44年に国が作成した地図(「第一軍管地方二万分一迅速測図原図」、「正式二万分一地形図、5万分1地形図」及び「京阪地方仮製二万分一地形図」)を基に、当時の土地利用の状況を判読・分析し、湖沼、水田、湿地など、水に関係する土地の区域を抽出した「明治期の低湿地データ」を作成しました。

概要: 

明治期の土地利用がわかるため、明治期以降に埋立てや盛土が行われた土地について、液状化の発生要因である「地下水位が高い」、「地盤の締まりが緩い」土地を判断するうえで利用することができます。
明治期の低湿地は、地理院地図で閲覧できます。
データの整備範囲や取得項目等の詳細については、以下で確認できます。
データの整備範囲・取得項目等

 

カテゴリー: 
興味・関心・利用目的: